水草水槽管理のポイント!


水草水槽管理のポイントを守ると美しい水草水槽を管理することができます
水槽管理のプロは水槽設備に合わせて基本を忠実にカスタマイズしていきます

ネイチャーアクアリウムのように二酸化炭素を添加した本格的な水草水槽もありますが、ここでは、はじめて水草水槽にチャレンジする方、または熱帯魚水槽に少し水草を植えて手軽に楽しみたい方弊社の経験を基にした失敗しないコツを解説していきます。

1. 大磯砂を底床に敷きましょう


熱帯魚水槽にも大磯砂を敷いている参考写真です
金魚やメダカだけでなく、熱帯魚飼育にも大磯砂は有効な底床です

水槽に使用する砂(底床)は大磯砂を使用しましょう。

ネイチャーアクアリウムではソイルという土を使用しますが、ここでは手軽にはじめることを最優先しているため、大磯砂を推奨します。

弊社のストック管理水槽でも大磯砂を使用していますが、大磯砂でも上手に扱えば水草を育てることが可能です。

大磯砂を上手に扱うには、下記2点を抑えてください。

・5センチ以上厚く敷く

・粒は0.7厘の細かいものにする

使用前によくすすぎ洗いをしてから水槽へ敷きましょう。

2. ろ過器を選びましょう


熱帯魚を飼育管理する上でおすすめの外部フィルターの紹介です
水槽ろ過器は実績と経験のあるEHEIM外部フィルターがおすすめです

ろ過器はエーハイムの外部フィルターを選びましょう。

いろいろなメーカーから外部フィルターは販売されていますが、エーハイムはメンテナンス性・安全面で大変優れており、他のフィルター追随を許しません。

価格もそこまで大幅に変わらないため、エーハイムの外部ろ過器を惜しまず使用しましょう。

3. 照明を選びましょう


熱帯魚用LED照明は水草も綺麗に育成管理できます
熱帯魚だけだく水草もLED照明を使用すれば綺麗に管理することができます

水槽サイズに適した水草育成と書かれたLED照明をおすすめします。

近年では水草育成LED照明の発売により、飛躍的に水草育成スタイルが良くなりました。

弊社の管理水槽ではコトブキ社のLED照明を2本使用しています。

1本でも管理できますが、水槽全面を照らすには2本あると良いです。

1日6~10時間程度点灯させるようにしましょう。

4. 水草を植栽しましょう


水草植栽はピンセットを使わなくても大丈夫です
ピンセットを使わなくても美しい水草水槽を作ることができます

数多くあるうち大磯砂に適した水草を選ぶことが大切です。

ここでは、ミクロソリウムアヌビアスナナをおすすめします。

非常に丈夫で美しく簡単です。

この2種類の水草は成長が遅いため、照明は1灯で十分です。

5. コケ取り生物を入れましょう


コケ取り生物についての重要性を紹介しています
熱帯魚水槽を美しく管理するためには、コケ取り生物対策は必須事項です

水草にコケが付着する前から、コケ取り生物を入れましょう。

水槽管理のポイントは予防することが大切です。

アクアレンタリウムでは下記生物を使用します。

・水草の葉や水槽壁面はオトシンクルス

・ひげゴケにはヤマトヌマエビ

・コケが生えやすい水槽は石巻貝やカバクチカノコ貝

コケの抑制剤はおすすめできません。必ず生物で予防・抑制しましょう。

水草水槽管理のまとめ

水草水槽管理のまとめを解説しています
水槽の販売から設置も承ります

水換えやトリミングなどは2週間に1回程度実施するとより美しい状態を長期間鑑賞することができます。

水草も生き物です。

葉が枯れてきた時に、葉を取り除いたり水換えをするなどすぐに対処することが重要です。

水草を消耗品から育成できるようになれば、もっと魅力あふれるアクアリウムができますよ!

もし、どうしてもうまくいかない、失敗したくない、水槽管理に不安な方は、水槽レンタル、メンテナンスサービスをプロとしておこなうアクアレンタリウムまでお気軽にご相談ください!

水槽レンタルならいつでも綺麗、水槽スポットメンテナンスならアドバイス付きでご希望の時にだけ水槽清掃にお伺いします。