パルダリウムの魅力、作り方から管理方法まで徹底解説

パルダリウムとは、ガラスケースやアクリルのケースで苔や熱帯植物を鑑賞し楽しむ新しいグリーンスタイルです。

今まで生体中心のアクアリウムなどを楽しんでいた方からすると、生き物がいない植物中心のパルダリウムは本当に楽しいのかと疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

 

なぜなら、私もはじめてパルダリウムに出会った当初はパルダリウムの魅力に疑問を持っていたからです。

しかし、実際にやってみたところ、このパルダリウムには想像もしていなかった魅力がたくさん詰まっていて、今ではすっかりパルダリウムの虜になりました。

 

そこで、ここではそんな私が虜になったパルダリウムの魅力から作り方、管理方法までじっくりお話ししていきたいとおもいます。

オーダーメイド水槽の詳細ページを紹介

パルダリウム水槽とは何か

パルダリウム水槽とはの説明

パルダリウム水槽とは、インドネシアやアマゾンなどの熱帯雨林を水槽内で再現したもので、流木や岩、土を使用したレイアウトデザインのなかに、ベゴニアやブセファランドラ、苔などの美しい熱帯性植物たちで作られたものを、パルダリウムと呼びます。

 

よく、テラリウム水槽やアクアテラリウム水槽、ビバリウムとの違いについて質問を受けることもあります。

テラリウムやアクアテラリウム、そしてビバリウムは、陸地と水辺を再現したレイアウトデザインとなり、両生類や爬虫類、または魚類などの生物も一緒に飼育されるケースがほとんどですが、パルダリウムはあくまで植物のみで楽しむことを指しています。

パルダリウムとアクアリウムの違い

パルダリウムとアクアリウムは、全く異なる水槽デザインとなります。

パルダリウムは、ほとんど水を水槽に張らないデザインなのに対し、アクアリウムは水槽上部まで水を張ります。

 

また、アクアリウムは何といっても熱帯魚やメダカなどの魚類を遊泳させますが、パルダリウムでは原則魚類が泳ぎまわることはありません。

パルダリウム水槽の楽しみ方

パルダリウム水槽を楽しむポイントはたくさんありますが、まずはパルダリウムが置いてある専門店へ足を運ぶところからはじめてみましょう。

 

今やパルダリウムの人気は高まり、熱帯魚専門店や植物専門店、場所によってはホームセンターで展示されているものを見ることができるようになっています。

一言パルダリウムといっても、流木だけで構成されているもの、背面まで苔がびっしり育成されているもの、植物中心なデザインで作られているものと多種多様なデザインがあリます。

 

そこから、自分の気に入ったデザインを見つけてまずは真似するところからはじめていきましょう。

パルダリウムに必要な器具と素材

パルダリウムに必要な素材を説明

自分の気に入ったパルダリウムのデザインを見つけたら、そのデザインで作られた素材や器具を購入します。

もし、まだデザインがフワッとしている方は、パルダリウム用の水槽を購入する前に、お部屋のどこに設置しようか検討するところからはじめてみましょう。

パルダリウム水槽の選び方

パルダリウム水槽を選ぶ際に重要なことは、その水槽でパルダリウムを上手に管理している方がいるかどうかが鍵となります。

例えば、一般的な水槽だと水槽にフタがセットになっていないものや、フタが付属されていても隙間が大きく開いているものもあります。

 

パルダリウムは、密閉して湿度を保つこと、風を送る送風の工夫、時にはミストを発生させる必要も出てくるため、市販のアクアリウム水槽だと機能的に不十分な可能性が出てくることもあります。

 

そのため、パルダリウム専門店が販売しているパルダリウム専用ゲージや、DOOAのシステムパルダ、パルダリウムを上手に管理されている専門店がオーダーメイドで制作している水槽がおすすめです。

パルダリウム水槽のレイアウト

パルダリウムのレイアウトデザインを説明

パルダリウム水槽のレイアウトは独特です。

例えば、アクアリウムでは奥行きを意識して背面全てを埋めずに空間を設けることが多いなか、パルダリウムでは水槽背面や側面の壁に練り込んだ土を貼り付けるなどし、背面を土壁で完全に覆うレイアウトデザインが主流です。

 

ここでは、そんなパルダリウムを実際に制作した私のレイアウト事例とともに、ご説明していきます。

レイアウトの基本原則

パルダリウムのレイアウトにおける基本原則として、植物を元気に育成させるための専用の土を使用して制作していきます。

おすすめは、ピクタ社の極床 造形君 です。

初心者の方でも非常に使いやすく、1袋に十分な量が入っているのも満足な商品です。

 

ちなみに底床ですが、私が実際にやっている方法として、園芸用の軽石をした後にDOOAのジャングルソイルなどのパルダリウム用底床を敷いています。

水槽の仕様によっては底から排水する機能があるため、すべてソイルにすると綺麗に排水できず詰まってしまうこともあるため、軽石を敷いて排水をスムーズにしてあげることが重要だと感じています。

植物と流木の配置方法

 底床と壁ができたら、次に流木や溶岩石などのレイアウト素材を配置していきます。

 

この置き方も自由ですが、例えばアクアリウムのレイアウト構図のように凸型、凹型、三角構図を意識して素材を置いていくものおすすめです。

 

なお、素材をいていく際に、植物の種類もある程度決めていきましょう。

熱帯植物の種類によっては、生長すると縦に長くなる種、横に広がる種、強い光が苦手な種など特徴が様々です。

植物の特徴に合わせてレイアウトを考えるのは、アクアリウムと一緒です。

 

植物中心のパルダリウムで植物が育成できないと殺風景なデザインとなること、そして何より楽しみを味わえません。

植物の好む環境作りを優先したレイアウトデザインを心がけていきましょう。

パルダリウム水槽のレイアウト事例

過去に制作したパルダリウムから、今現在管理しているパルダリウムをピックアップしご紹介いたします。

水槽素材で販売している、枝流木で有名なスマトラウッドから、朽木状のスラウェシウッドを中心にレイアウトしています。

 

また、湿度を保つためにミストの発生装置をうまく隠しているのもポイントです。

植物の選び方と育成方法

パルダリウムの植物

パルダリウム用の植物としておすすめなのは、ブセファランドラやベゴニア、熱帯雨林に生息するシダ植物です。

先ほどのパルダリウムレイアウト事例でも数多く使用していますが、このような熱帯植物に苔をミックスしてレイアウトを構成することで、自然感あふれるパルダリウムを制作することができます。

植物の育成と管理

パルダリウムの植物育成は、種類にもよりますが比較的簡単です。

私が今までやってきたなかでのコツとして、霧吹きを毎日かけること、ミスト発生装置を使って1時間おきに15分程度発生するようにすると、調子が良く維持管理できる種類が多いと感じています。

 

なお、普段密閉している場合は、日中はフタをずらして換気するなどし、植物の乾燥具合や調子を見ながら適切に管理をしていきます。

送風ファンを設置して管理するのも有効ですが、はじめのうちはファンの勢いが強すぎて乾燥気味となり植物が衰弱することもあるので、送風ファンを設置する場合は乾燥しすぎないように注意をしましょう。

パルダリウムの導入予算について

パルダリウムの導入予算を説明

ここまでパルダリウムの魅力を聞くと興味が湧いてきた方もいるはずです。

そうなると、次はパルダリウムを導入する場合の予算はどれくらいなのか。

 

例えば、小型のフタが付いたボトルでパルダリウムをお手軽に楽しむなら、照明も含めて15,000円程度あれば十分素敵なパルダリウムを作って楽しむことができます。

 

本格的なパルダリウムをやりたいと検討される場合は、例えば30センチ程度のパルダリウム専用水槽の場合、最低でも50,000円程度の予算を見越して’おくようにしましょう。

パルダリウムのオーダーメイド頼むなら

パルダリウムのオーダーメイドを頼むならアクアレンタリウム

パルダリウム専用水槽が欲しい、または希望の設置場所へピッタリハマるようオーダーメイドで頼みたい方、市販のパルダリウム水槽をちょっとアレンジしたい方まで、パルダリウム水槽の購入を希望または検討されている方は、YouTubeアクアリウム大学でお馴染みのアクアレンタリウムへご相談くださいませ。

 

アクアリウム水槽もパルダリウム水槽もそうですが、オーダーメイド水槽を依頼する際は、必ず担当スタッフに飼育管理経験があるかどうか確認をするようにしましょう。

 

なぜなら、はじめてオーダーメイドで頼む際、設置後の運用部分における想像がうまくできず、加工ミスをしてしまう可能性もあります。

担当者に経験があれば未然に防げることもあります。

アクアレンタリウムでは、今までいくつもパルダリウムを制作し管理をしています。

 

東京都足立区の事務所にはパルダリウムが展示してありますので、もしご検討の方で実物を見たいという場合は、お気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせはこちらの説明